ダイエット

水はダイエット、美容、健康すべてに効果がある!!

小林
小林
こんにちは、パーソナルトレーナーの小林です。

今回は、、、

お客様
お客様
  • ダイエットや美容、健康には水をたくさん飲むといいって言うけど本当?
  • 水をたくさん飲むとどんな効果があるの?
  • 飲むのは水じゃないとだめなの?

こんな疑問をお持ちの方におすすめな内容になっています。

小林
小林

ダイエットやボディメイク中は水を飲んだほうがいいということは知っている方は多くの人が知っているのでがはないでしょうか?

しかし水をたくさん飲むといい理由を知っている方は意外と少ないのではないでしょうか?

水を飲む理由をきちんと理解し、正しい水分摂取を習慣化してください。

 

水を飲むことで得られる効果

水を飲むことで得られる効果は5つ

  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 頭が良くなる
  • メンタル改善
  • 消化の手助けをしてくれる

ダイエット効果

「ダイエット中は水を飲むといい」とよく言われますが、どういった理由からなのかを理解している人は意外と少ないのではないでしょうか?

間違いなく水の摂取はダイエットに効果的です。

ではなぜ水がダイエットに効果的なのかについて解説していきます。

①栄養や酸素を身体中に運び、老廃物を排出してくれる

呼吸時や食事で身体に入った酸素やビタミン、ミネラルなどの栄養素を身体中に運んでくれます。

更に老廃物を排出してくれることで、身体の機能(腸内環境等)が整ったりします。

腸内環境を整える理由は前回の記事をご覧ください。

腸内環境の改善方法とダイエットの効果腸内環境を改善する方法や腸内環境を改善しなければいけない理由について書いています。...

②基礎代謝が上がる

水分を補給することで適度に身体は冷やされます。

すると冷えた身体を戻そうとする過程で基礎代謝が上がり、エネルギーを多く消費してくれます。

寒いところにいると身体をブルブルさせたり、手をこすり合わせたりして体温を上げようとしますよね。

③空腹感が和らぐ

ダイエット中で1番辛いのがお腹がすいた時です。

あまりにも我慢をすると、その反動で食べ過ぎてしまったりダイエットを辞めてしまったりします。

軽食などで空腹をごまかしたい時、物を食べる前に水を飲むことで、ある程度食欲を抑えることができます。

美肌効果

人間の身体は半分以上が水分でできています。

成人は体重の約60%、乳児なら約80%を水分がしめています。

肌細胞も水分が60%を占めていますので、水分が不足すると肌がカサカサになり、ほうれい線などが目立つようになってしまいます。

水をしっかり摂取することで、モチモチした健康的で美しい肌を保つことができます。

脳が活性化する

知的作業に集中する前に約0.5ℓの水を飲んだ人は、飲まなかった人と比べて14%反応時間が速くなることを発見した研究があります。

水を摂取することにより注意力が増すと言えるのではないでしょうか?

ですのでテストや大切な会議、失敗できない大きなことの前などには適度に水を飲んでから挑んでみてはいかがでしょうか。

飲み過ぎには注意が必要ですが、、、

メンタル改善

水には

  • 疲労の低下
  • 集中力の向上
  • 認知機能の向上

等に効果的であることが研究によって確認されています。

そのため水を飲むだけでメンタルの安定につながっていきます。少し大げさでしょうか?

消化の手助けをしてくれる

食事中に水を飲むと消化機能がアップすると言われています。

  • 食道の通りを良くする
  • 食材を柔らかくして消化を助ける
  • 便を適度に柔らかくする

などの効果も期待できますので、食事中も意識的にに水を飲むようにしてみてください。

水以外の飲み物には注意

水分補給をする上で水よりもいいものは他にありません。

下記のものは水分ではありますが、水ではないので注意しましょう。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 牛乳
  • お茶
  • 豆乳
  • スポーツドリンク
  • 100%フルーツジュース
  • 炭酸ジュース
小林
小林
コーヒーや紅茶、お茶、豆乳なんかは砂糖やコーヒーフレッシュを使わなかったら大丈夫ですが、飲みすぎは禁物です。

他のものは健康面で見るとお勧めできません。特にジュースなんかに含まれる果糖ブドウ糖液糖は本当に体によくありません。

また牛乳が良くない理由については前回の記事をご覧ください。

ダイエット中に乳製品を食べても大丈夫?ダイエット中に乳製品を食べていいのか、いけないのかについての記事になります。 乳製品に含まれる栄養や乳製品を摂ることで表れるアレルギー症状について書いています。...

 

水の選び方

水と言っても大きく分けると2種類に分けられます。

水の種類は大きく分けて2つ

  • 軟水
  • 硬水

WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が0~60mg/l未満のものを軟水、60~120㎎/l未満を中程度の軟水になります。120~180㎎/l未満を硬水、180㎎/l以上を非常な硬水と言います。

水には主に、カルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれていて、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表した数値を「硬度」と言います。

小林
小林

簡単に説明すると、軟水は水以外にほとんど何も入っていない純粋な水で、硬水はミネラルの多い水の事です。

水分補給には軟水がおすすめ

軟水がおすすめな理由は2つ

  • 軟水が純粋な水の為、硬水よりも吸収率が速い
  • 硬水よりも量を多く飲むことができる

水分を補給する目的は、喉の渇きを潤す為だけでなく、水分を摂取し身体に循環させることにあります。循環させるためには適切な量を飲まなくてはいけませんし、吸収率が速いと循環も早く行われます。

身体に水分を循環させることで上記でお話した健康効果5つを得ることができるからです。

小林
小林
市販で売られているものではクリスタルカイザーやリセットタイム等が軟水にあたるのでぜひ取り入れてみてください!!

まとめ

今回は水のダイエット、美容、健康での効果をお話いたしました。

水を飲むことで得られる効果は5つ

  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 頭が良くなる
  • メンタル改善
  • 消化の手助けをしてくれる

水は1日あたり多いと、肺や皮膚から1500ml、尿で3,000ml排出されていると言われています。運動をして汗をかく方はもっと排出されています。

水分摂取が足りないと水を飲むことで得られる効果を得られなくなります。その為運動をしていない人でも1日3ℓの水分補給を推奨されています。

まずは水分を摂取する習慣を身につけていきましょう。習慣化したら今度は可能な限り、水分摂取を水で取るように意識してみてください。

体に少しずつ変化が見られるはずです。

 

ダイエットやトレーニングについてのご質問も受け付けています。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ






    0
    ABOUT ME
    kobablog2018
    kobablog2018
    小林 寛史といいます。 現在パーソナルトレーナーをやっております。 このブログでは体を変えたいと思っていても、正しい方法がわからずボディーメイクを始めることができない人や、現在ボディーメイクに挑戦していても結果が出ない人、なんとなく始めようとは思っていてもなかなか始められない人達の参考やきっかけになっていただけたらと思い始めました。 このブログを通して1人でも多くの方に、体を変えることきっかけで自分自身を変えることができたという助けになれたらと思います。
    ご質問などあればお気軽にお問い合わせ下さい!!