ダイエット

ストレッチの種類と効果について

小林
小林
こんにちは、パーソナルトレーナーの小林です。

今回は、、、

お客様
お客様
  • 運動やトレーニング前にストレッチはした方がいいの?
  • ストレッチって何をしていいかわからない

こんな方におすすめな内容になっています。

是非参考にしてみてください。

 

 

運動やトレーニング前後、日常生活でストレッチは必要です!!

運動やトレーニング前後ではストレッチをする人は多いと思いますが、

日常生活の中でのストレッチの重要性はあまり認識されていません。

ですのでまずはストレッチの重要性を解説していきます。

柔軟性を高め、不意の怪我を防止する

日常生活で同じ姿勢が続いたり、運動で同じ動作が繰り返されることで筋肉の柔軟性に偏りが出始めてしまいます。

筋肉は関節を通して骨に付着し、筋肉が収縮することで骨が動かされます。

そうすることにより腕や足などの体の部位を動かすことができます。

筋肉の柔軟性が偏り、硬くなってしまった筋肉は動きの制限をされます。

固くなった筋肉の影響で動きに制限が出ると、日常生活の不意な動きで痛みが出たり、運動やトレーニングではパフォーマンスの低下、最悪ケガなどに繋がっていきます。

運動やトレーニング前後、日常生活にストレッチを取り入れることでこういった症状は出にくくなります。

体重の減少を助けてくれる

固くなった筋肉は、神経を圧迫し血流阻害を起こします。

ストレッチで筋肉が柔らかくなると、圧迫されていた血流がよくなり、酵素や栄養分が滞りなく巡り、結果消費エネルギーの増加を促すことができます。

また筋肉が柔らかくなることで、体の可動域が広がります。

可動域を多く取ることができると、可動域が狭い時に比べて体が大きく動くようになります。

体の動きが大きくなることで、消費エネルギーも増えますので、結果体重減少に繋がってきます。

肩こりや腰痛の改善にも効果的

柔軟性が低い関節に大きな負担がかかる場合があります。

柔軟性が低いことでかかる関節への負担は時に痛みの原因になっている場合があります。

ストレッチにより筋肉や健が伸びることで関節への負担を減らし、肩こりや腰痛を緩和、改善できる可能性があります。

・自律神経の安定

自律神経(交感神経と副交感神経)の働きが安定することで、睡眠の質の向上とともにメリハリのある日常生活が送れるようになることも期待できます。

 

ストレッチの種類の紹介

次にストレッチの種類をご紹介していきます。

ストレッチは大きく分けると『動的ストレッチ』と『静的ストレッチ』の2種類があります。

動的ストレッチとは

はずみや反動などを使い、動きながら行うストレッチ。

ラジオ体操が動的ストレッチにあたります。

関節可動域の向上や、神経機能の促進などに効果的なストレッチです。

取り入れるタイミングとしては、運動前がおすすめです。

運動前に足を大きく振り上げる、腕を大きく振るなどの動的ストレッチを行うことで筋温を上げ神経伝達速度を高める効果があり、運動中のパフォーマンス向上につながります。

ちなみに、、、

以前は運動前のストレッチといえば、『静的ストレッチ』を行うことで怪我を防ぐという考え方が一般的でした。

が、最近の研究で運動前の『静的ストレッチ』には怪我を予防する効果はないと言われ始めています。

『静的ストレッチ』により筋肉が伸ばされすぎることで、むしろ怪我の原因になるとも言われています。

30秒以内の静的ストレッチなら運動前に行っても問題ないと言われています。

静的ストレッチとは

静止した状態で反動をつけずに行うストレッチ。

関節可動域の向上や、神経機能の促進などに効果的なストレッチです。

取り入れるタイミングとしては、運動やお風呂後、睡眠前に行うのがおすすめです。

動的ストレッチに比べて体を固定した状態で行うため、より筋肉を伸ばすことができます。

またお風呂の後に行うと副交感神経を優位にし、睡眠に入りやすくもしてくれます。

しかし痛みを我慢してまで伸ばそうとすると怪我の原因にもなりますので注意してください。

痛みを感じない程度でじんわり体をほぐしていくのが、静的ストレッチの重要なポイントの1つです。

場所やタイミングに応じてこの2種類のストレッチを使い分けることで、より効果的に行うことができます。

他上記2種類のほかにも『バリスティックストレッチ』や『パートナーストレッチ』などがありますが、また別の機会にご紹介できれば。

 

まとめ

ストレッチを習慣化することで、

  • 柔軟性を高めることができる
  • 体重減少の助けもしてくれる
  • 肩こりや腰痛の改善にも効果がある
  • 自律神経を整える効果がある

など多くのいい効果が期待できます。

またストレッチにも種類があり、タイミングによって使い分けが必要であることをご理解いただけると幸いです。

ダイエットや健康維持において運動や食事制限はとても重要ですが、運動や食事制限がなかなかできない方は今回ご紹介したストレッチから行ってみるのもいいですよ!!

毎日ストレッチを習慣化をすることで、運動や食生活への意識も変わっていくはずですよ!!

是非参考にしてみてください。

ではまた!!

ABOUT ME
kobablog2018
小林 寛史といいます。 現在パーソナルトレーナーをやっております。 このブログでは体を変えたいと思っていても、正しい方法がわからずボディーメイクを始めることができない人や、現在ボディーメイクに挑戦していても結果が出ない人、なんとなく始めようとは思っていてもなかなか始められない人達の参考やきっかけになっていただけたらと思い始めました。 このブログを通して1人でも多くの方に、体を変えることきっかけで自分自身を変えることができたという助けになれたらと思います。
ご質問などあればお気軽にお問い合わせ下さい!!