ダイエット

最近広告に出てくるHMBダイエットの効果は?

みなさん、こんにちは。

パーソナルトレーナーの小林です。

近年健康意識が高まり、美容、運動、食事を意識する方が増えてきています。

ふとしたきっかけでダイエットに挑戦する方も多いのではないでしょうか?

そんな方なら一度は目にしたことがるかもせれませんが、HMBサプリメントというのが流行っております。

今回はこのHMBサプリメントによるHMBダイエットについてお話していきたいと思います。

HMBとは

HMBとは、必須アミノ酸のひとつである【ロイシン】を体の中でエネルギーに変化させることが出来る物質のことです。

正式名称は「3-Hydroxy 3-MethylButyrate」。日本語に直すと「β‐ヒドロキシ‐β‐メチル酪酸」「3-ヒドロキシイソ吉草酸(きっそうさん)」といいます。

HMBはボディビルダーをはじめとしたカラダづくりを目的とした研究で発見されたそうです。

HMBは食品の中は入っておらず、ロイシンを摂取し体内で変化させる必要があります。ただ、ロイシンが体内でHMBになるのは、たった5%と効率はよくありません。

ロイシンとは体内で合成されないアミノ酸の一種です。

HMBの効果

HMBを摂取することで次の4つの効果を得ることが出来ます。

  • 筋合成の促進
  • 筋分解の抑制
  • 筋肉痛からの回復
  • 筋細胞の細胞膜の安定化

筋力トレーニングをされている方ですととても素晴らしい効果があります。

特にダイエット中は脂肪が落ちると同時に筋肉も落ちやすいです。

HMBの筋分解の抑制効果で、筋肉の減少を抑えながらダイエットをすることが出来ます。

筋肉量が維持されることでより引き締まった体に近づくことが出来るかもしれません。

 

HMBの摂取タイミング

HMBはダイエットやボディーメイク時のサポートには適したサプリメントです。

ではどのタイミングで摂取すれば効果的なのでしょうか?

HMBはトレーニングの前、中、後のどこか又は食後、就寝前に摂取することで効果を最大限発揮します。

私がお勧めするのであればトレーニングの前、中、後のどこかで摂取するのがいいと思います。

トレーニングを行うタイミングでは体にアミノ酸が取り込みやすい状態が出来ていることから、アミノ酸の供給をサポートしれくれます。

 

HMBの摂取のしすぎには注意

効果的なサプリメントと言ってもやはり基準値を超えると体への効果は限定的になってしまいます。

ある研究で、

  • 3g程度のHMBを摂取し続けたグループ
  • 約6gのHMBを摂取し続けたグループ
  • HMBを全く摂取しないグループ

に分けてそれぞれ8週間にわたり筋力トレーニングをするという実験が行われ、

HMBを1日3g程度摂取していたグループの筋肉量が最も増加した、という結果が得られたそうです。

HMBの効果を実感したいがために過剰摂取をすると、かえって逆効果になってしまうかもしれません。

HMBは1日3gの推奨摂取量で機能するのでご安心を。

 

まとめ

ロイシンが豊富な肉、魚、大豆、卵などのタンパク質豊富な食品を食べることで体内にHMBを補給することができます。

しかし摂取したロイシンのうち、HMBに変換されるのは約5%と非常に少ないため、食事だけで1日3gの目安を摂取する事はかなり難しいです。

食品からの摂取にこだわりすぎるとカロリー過多で体に脂肪がついてしまう可能性があるので、サプリメントを取り入れるということは理にかなっている方法と言えるでしょう。

HMBはダイエットやボディーメイクする上で摂取すると非常に効果のある物質です。

ただHMBの摂取も結局は健康的な食事と継続的な運動があってこそ最大限の効果が発揮できます。

やはりまずは自身の食事、運動の習慣化をし、プラスαという意味でサプリメントの摂取を考えてみてください。

ではまた!!

0
ABOUT ME
kobablog2018
kobablog2018
小林 寛史といいます。 現在パーソナルトレーナーをやっております。 このブログでは体を変えたいと思っていても、正しい方法がわからずボディーメイクを始めることができない人や、現在ボディーメイクに挑戦していても結果が出ない人、なんとなく始めようとは思っていてもなかなか始められない人達の参考やきっかけになっていただけたらと思い始めました。 このブログを通して1人でも多くの方に、体を変えることきっかけで自分自身を変えることができたという助けになれたらと思います。
ご質問などあればお気軽にお問い合わせ下さい!!