ダイエット

【ダイエット】糖質制限中NGな食品

みなさん、こんにちは。

パーソナルトレーナーの小林です。

今回は糖質制限のダイエット中に食べたらNGな食品をご紹介していきます。

脂質制限の際にNGな食品はこちら

糖質制限とは

糖質制限ダイエットとはその名の通り糖質の摂取を抑えるダイエット方法です。

ご飯やパン類、麺類、ケーキ、お菓子など糖質が多く含まれている食品を出来る限り制限していきます。

ライザップのCMでも出ていたので、ご存知の方も多いかと思います。

糖質制限ダイエットでのNGな食品

果物

果物を食べてはいけないというわけではありません。

朝食時などに食べていただくようすすめることもあります。

気を付けないといけないのは量やタイミングです。

果物には【果糖】という種類の糖が含まれております。

【果糖】はとても消化吸収が早く摂取しすぎることにより脂肪になりやすい成分です。

朝食時の果物の摂取はほかのビタミンなどの効果を考慮しとてもいいのですが、

昼食や夕食で摂取することはメリットがないため控えてもいいでしょう。

米や麺類などの炭水化物ではないからいいと思いで食べていたら、なかなか痩せなかったなんて話も聞きますので注意を。

ブランパン

ブランパンは糖質が少ないから食べても大丈夫ですよね?とお聞きします。

答えはNGです。

理由としてはブランパンは糖質が少ないといえ原材料は【小麦】や【砂糖】です。

【小麦】も【砂糖】は消化吸収がとても早く血糖値を上昇させてしまいます。

同じパンを食べるにしても玄米パンを選んだ方がダイエットには向いていると言えるでしょう。

調味料、香辛料

とんかつソース、ケチャップ、カレーのルー、焼き肉のたれ、めんつゆ、はちみつ、砂糖など。

これらは消化吸収の早い糖であったり、糖質を多く含んでおります。

調味料、香辛料はたいしたカロリーもないし気にしなくていいだろうと思い摂取しすぎる人がいますが、

不要なカロリー摂取はダイエットにおいて思わぬ誤算となりますので、ご注意を。

かまぼこやちくわなどの練り物

かまぼこやちくわなどの練り物にも多くの糖質が含まれています。

かまぼこの場合ですと糖質約17g、ちくわですと糖質約12g含まれています。

100g単位の数値ですのでそこまで食べなければ大丈夫と思う方も多いかと思います。

しかしダイエット中お腹がすいてしまい油断をすると多く食べてしまいがちです。

練り物も注意して食事をしてください。

お酒

お酒も糖質を多く含んでいる物が多いです。

ビールや果実酒などは糖質制限中は特に気を付けたいお酒です。

お酒を飲むことで高カロリーなアルコールを摂取し、

それに加え糖質も多く摂ると痩せるどころか脂肪が蓄積されてしまいます。

お酒などを飲みに行く機会は誰でもあるかと思います。

そんなときは出来る限り蒸留酒を飲むなど糖質の少ないものを選べるといいですね。

 

まとめ

糖質制限だからといっても、全く糖質を摂取してはいけないというわけではありません。

消化吸収の緩やかで栄養価の高い玄米やサツマイモ、オーツ麦などはむしろ積極的に取り入れたほうがいいです。

しかし脂質制限と同じで食べ過ぎは禁物です。

消化吸収の遅い食べ物でも体重が落ちない原因になってしまいます。

摂取していい糖質の量と食べ物を理解してダイエットに臨むと糖質制限ダイエットを成功しやすくなります。

是非今回の内容を参考にしていただきダイエットを頑張ってみてください。

ではまた!!

1+
ABOUT ME
kobablog2018
kobablog2018
小林 寛史といいます。 現在パーソナルトレーナーをやっております。 このブログでは体を変えたいと思っていても、正しい方法がわからずボディーメイクを始めることができない人や、現在ボディーメイクに挑戦していても結果が出ない人、なんとなく始めようとは思っていてもなかなか始められない人達の参考やきっかけになっていただけたらと思い始めました。 このブログを通して1人でも多くの方に、体を変えることきっかけで自分自身を変えることができたという助けになれたらと思います。
ご質問などあればお気軽にお問い合わせ下さい!!